旅行・英語・教育・編入・考えたこと・お役立ち情報やら何やら/現在フィリピンネグロス島ドゥマゲテシティーのシリマン大学に通っています✈︎✈︎✈︎

ドゥマゲテの写真屋さんで証明写真を撮ろう

 

お久しぶりです。

中間テストが終わり、時間に余裕ができたのでブログ更新します!

今回はドゥマゲテの写真屋さんで証明写真を撮る方法を紹介します。

 

わたしは主に証明写真を撮るために写真屋さんを利用しています。

入学手続きビザの更新の際に証明写真が必要となるのでどうぞこの記事を参考にしてください!

 

写真なんていつ使うの?

証明写真として必ず必要になります。

  • 大学の入学手続き
  • 入寮手続き
  • ビザ関係の手続き

 

日本で準備してくるべきか?

証明写真は日本で準備しない方がいいです!

日本で証明写真を撮るなら簡易証明写真ですかね?

あれはお値段がお高い上にまったく綺麗に写らないのでやめましょう!

 

写真屋さんに行ってみた

今回は以下の2つの写真屋さんに行ってみました。

 

ALDEA PHOTO(アルデア フォト)

 

OK PHOTO SUPPLY(オーケー フォト サプライ)

 

日本の簡易証明写真よりかなり安い

日本の簡易証明写真は700円〜くらいですよね?

とてもお値段が高いです。

フィリピンならもっと安く良い写真が撮れます。

 

アルデアフォトではパスポートサイズ4枚で100ペソ(約220円)

オーケーフォトサプライではパスポートサイズ8枚で60ペソ(約130円)でした。

 

料金詳細

今回はOK PHOTO SUPPLY(オーケー フォト サプライ)の料金を紹介します。

この写真に書いてある通りなんですが、

  • 1×1 15枚
  • パスポートサイズ 8枚
  • 2×2 6枚

どれを選んでも60ペソです。

日本円でだいたい150円くらいですかね。

 

また、いろんなサイズを組み合わせることもできます。

  • 1×1(8枚)+2×2(4枚)
  • 1×1(7枚)+1.5×1.5(4枚)+2×2(2枚)
  • パスポートサイズ(4枚)+1×1(4枚)+2×2(2枚)

こちらもどれを選んでも60ペソです。

 

2枚のみだと35ペソのようです。

 

日本の簡易証明写真より写りがよい

今回は街中の写真屋さんの証明写真についてです。

(フィリピンでは簡易証明写真もありますがお値段等はわかりません)

 

フィリピンで証明写真を作成する場合、

お店のスタッフさんがちゃんとしたスタジオで写真を撮ってくれます(一眼レフ使用)。

また、写真を撮った後撮った写真を見せてくれるます。

そしてその写真が気に入らなかった場合は....笑

撮り直しもしてくれます。

 

 写真を受け取るまで

  1. まず自分がどのサイズの証明写真が必要か受付に準備してある紙に記入します。
  2. 書き終えたら受付にその紙を渡します。
  3. 料金を支払います。
  4. 写真スタジオに入ります。(人が多い場合座って待つこともあります。)
  5. 撮影(メガネは外します)
  6. 写真が出来上がるまで15分から30分くらい待ちます。
  7. 名前を呼ばれて写真を渡されます。
  8. 以上。退散。

 

*店員さんが写真のカットまでしてくれます。

 専用の機械でカットしてくれるので大変綺麗に仕上がります。

 わざわざはさみでチョキチョキしなくてもよいので楽です!

 

おわりに

フィリピンで証明写真を作成するのはとても簡単です。

安くて品質もなかなかよいので是非チャレンジしてみてください。

 

〜ちょっとしたまとめ〜

安いのはOK PHOTO SUPPLY(オーケー フォト サプライ)です。(かなり安い)

写りはアルデアフォトのほうが少し良いです。

 

使っている紙も違いますね。

アルデアフォトの方はすこしマットなかんじ。

オーケーフォトサプライはツルッとしたかんじ。

 

どちらに行ってもいいでしょう!

ちなみにどちらも学校に近いです。

一応地図貼っときます↓↓

 

ALDEA PHOTO

 

OK PHOTO SUPPLY

 

 

© Copyright oooooomura. All rights reserved.